ガソリン漏れ!ZZR250の燃料コックをオーバーホールしてみた#2

ZR250の燃料コック ZZR250のレストア

前回の続き。

燃料漏れが酷かったZZR250ですが、重い腰を上げて燃料コックをオーバーホールしてみました。

ZZR250の燃料コックをオーバーホールしてみた。その1

燃料タンクを下して、燃料コックを外す

燃料タンクは、ハンドル付近のネジ1本、とシート下のネジ2本の計3本を外すだけです。
タンクを外すときは、なるべく燃料を少なくしてから行うと良いです。
それと、タンクを地面に置くと傷がつくので、タオルなど柔らかい布をあらかじめ用意してください。

また、コックを外したら、ガソリンが漏れないように蓋をします。 数時間ならガムテープでも良いですが、自己責任でお願いします。
自作した燃料コックの蓋

燃料コックを分解する

コックを外すときに「カチッ」と音と「手ごたえ」が出る役割を果たす直径1mmほどの「銀玉」があります。
落とすと探すのに一苦労するので、慎重に開けます。落として、探すのに一苦労したのは内緒。
ZR250の燃料コック

コックを分解。すべての樹脂パーツがカッチカチに劣化してました(笑)製造から20数年間、一度も交換していないと思う。

こちらは反対側。なぜかダイヤフラムがパーツリストに無い
したがって、これを破いたりするとアッセンブリ交換に・・・本当は交換したかったパーツですがしかたありません。
20171008214718.jpg

外す場合は特に注意が必要です!

あまり開けたくなかったのですが、オーリングをどうしても交換したかったので開けました。

新品の燃料コックパーツを組み込む

樹脂系パーツはダイヤフラムを除いて全て交換。
Amazonで2000円ほどで購入できます。
20171008214720.jpg

こちらは、ダイヤフラム用のOリング
20171008214721.jpg

燃料ホースも交換したほうが良かったかな。

コックを組み上げたら元に戻す

燃料コックを組み上げたら、もとに戻していきます。
組み終わってタンクを載せて完成と思いきや・・・タンクマウントの交換を忘れてた。(涙
20171008214954.jpg

意外と忘れる・・・・ 効果はほとんど実感できませんが、無いよりはマシってことで。
次回劣化したら、純正以外の部品で代用しようかと思っています。

燃料漏れが完全に直って復活!

完全に燃料漏れが止まりました。 ガソリン周りの樹脂部品は劣化が激しいですね。
これでしばらくは大丈夫でしょう。
20171008214955.jpg

created by Rinker
Cherry Bomb
¥2,118 (2024/06/22 14:18:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました